老化や老廃物を出し切れない

お肌は、老化や老廃物を出し切れないことで、目のたるみができるようになります。老廃物は、目の下の血行やリンパ液の循環が悪くなることによって蓄積してしまいます。老廃物が排出しきれないことが、目の下にたるみができる一因です。たるみの他に、盛り上がりやクマが表れている場合は特に要注意です。目の下にクマができやすい人がいますが、クマといっても様々な目の下のクマがあります。眠り足りない時や、疲れ気味の時は青グマができます。血流不足で目の下が鬱血状態になるためです。アイメイクや、目の周りをこすりすぎて刺激になり、色素が沈着してしまった状態のことを茶グマといいます。2つのタイプのクマに対しては、血行を高める、質のよい睡眠をとる、ビタミンを意識した食事をするなどが大事です。クマを消す効果が期待できることを、スキンケアの他にも行いましょう。これらのクマとは異なるタイプのものにクマのような影に見えるけれど実はたるみだったというのがあります。では、なぜ目の下にたるみができるのでしょう。保湿力の低下で皮膚がゆるんでいたり、表情筋が弱まって皮膚を支えられない時があります。たるみかクマか、どちらかわからなければ適切な目の下のお手入れができません。

サブコンテンツ