紫外線を浴びることでおきる皮膚の炎症やメラニン色素の沈着

紫外線を浴びることでおきる皮膚の炎症やメラニン色素の沈着を、日焼けといいます。普通は日光によって起きるものですが、日焼けと同様の効果を人工の紫外線でも得ることは不可能ではありません。ビタミンDといって骨を作るのに効果的栄養素を作る効果があるのが、紫外線の特徴です。紫外線による日焼けは、皮膚の老化を早めます。白内障などの目の病気にかかりやすくなりますし、活性酸素を増加して体にとってマイナスな作用があります。マイナス面ばかりが紫外線にあるわけでがないですが、デメリットのほうが大きいと考えられているのが日焼けなのです。サンターンという皮膚の炎症や火傷と、サンタンニングという褐色に色づいた肌になる日焼けが、日焼けにはあるそうです。紫外線の中でも波長の短いものによって起こるのがサンバーンは、皮膚の損傷が大きいといいます。熱や痛み、水ぶくれやむくみまでひどいサンターンでは起こってしまうのです。効果的にサンタンニングによって肌のメラニン色素を増加させ、皮膚細胞とそのDNAを紫外線のエネルギーから守っているといいます。紫外線による日焼けの度合いには個人差があり、サンバーンがひどい人や、サンタニングが全く起こらない人もいます。日光に当たって8~24時間で、普通はサンバーンがピークになりサンタンニングが起こってくるのはあとです。紫外線による日焼けのしすぎは、サンタンニングもサンバーンも、肌に損傷をあたえることもあるので要注意です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ