ワキガの原因や手術による診察

ワキガは、ワキにおけるアポクリン汗腺から分泌される汗って、皮脂や細菌が合わさる結果発生する不愉快悪臭のことです。 皮脂や細菌という混ざらなければ、汗単体ではそんなに著しい匂いません。細菌が伸び悩むように工夫をする結果、ワキガの悪臭が打ち切る状態にすることが可能です。ワキガ方法として、細菌が伸び悩むように制汗噴流や石けんによるという方もいる。また、皮脂の分泌を防ぐために、油くさいものをさほど食べないように気をつけている個々も多くいます。体質によっては、食べ物件数を減らしても、油脂の多い汗をかくようです。そのような場合はワキを清潔にしても食事に気をつけても、ワキガを防ぐことは困難です。そのため、ワキガを根本から克服させるためのオペもおこなわれている。ワキガの原因となるアポクリン汗腺を、オペにて除くという手法であり、アポクリン汗腺がなければワキガの原因に達する汗をかきません。アポクリン汗腺がなくなれば汗が出ず、脇の下に細菌がしても繁殖することはありません。アポクリン汗腺の撤去には、皮膚を切開して直接的除去するというしかたや、皮膚にちっちゃな穴を開けてそこから装具を挿入して除去するというしかたがあります。最近では、ワキガのオペのために、特殊なレーザーを側に置き、アポクリン汗腺の活動を阻害するしかたもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ