企業が資金調達の方法として用いるローン

シンジケートローンは、企業が資金調達の方法として用いるローンです。シンジケートローンは複数の金融機関でシンジケート団を組成するものです。金融会社の間に立つ立場になる人がアレンジャーで、アレンジャーの采配が重要になります。アレンジャーはまず借入人である企業からの指名により案件の組織委託を請け負います。シンジケート団の募集内容を決定し、実際に募集をして金融会社を集めるのがアレンジャーの仕事です。複数の金融機関によってシンジケート団ができたら、互いに契約を交わして融資を行うことになります。ここから先はエージェントの出番です。多くはアレンジャーになっていた金融会社がエージェントとして、貸付人の仕事を果たします。契約期間中にエージェントは借入人である企業と貸付人の連絡を取り次いだり、元利金の受払いなどの資金決済に関する事務的なとりまとめを行います。融資に必要なお金を、幾つかの金融機関からまとめるためにアレンジャーが募集をかけるなど、シンジケートローンには独自性があります。複数の金融機関からの借り入れであり、債券に比べて自由な取引条件を設定できます。ひとつの融資契約書に基づき、取引条件を統一できるのもメリットです。各金融機関に個別に交渉をするのではなく、アレンジャーが取りもってくれるために事務手続きが容易です。シンジケートローンにしかない利点もありますので、賢く利用して味方につけるといいでしょう。

サブコンテンツ