事業者を対象とした事業者ローン

数々のローンがありますが、近年よく聞くローンに、事業者を対象とした事業者ローンが存在します。消費者金融は主に個人を対象にしていますが、金融業者の中には自営業者を対象にした事業者ローンという融資を行っています。事業者が、会社の運営に必要な資金を調達するために、事業者ローンを使います。事業者ローンの融資を受けるには、過去3年間の決算が記載された資料が必要です。青色申告の確定申告書の控えなどで大丈夫です。ほかには印鑑証明などが必要となります。事業者ローンは普通のカードローンに比べて金利が低く設定されていますし、設定金額も多めにできます。申し込みをした日のうちに融資金が振りこまれるところもあり、審査の早さも魅力です。銀行系と、信販系・消費者金融系が事業者ローンにはあります。銀行系の事業者ローンは比較的金利が低めで返済期間も長めに設定可能です。借り入れ期間を長く設定できるという利点もありますが、審査が大変で、断られることもあります。ノンバンク系の事業者ローンのメリットは、スピードです。金利は銀行系に比べて高めで借入可能額は低めですが、早いものは数時間で審査可能で急に資金調達をしたいときに便利です。事業者ローンを利用する場合には、資金がどんなときにどんな内容で必要かによって銀行系とノンバンク系を使い分けるのがおすすめです。

サブコンテンツ